部分日食(2020年6月21日夏至)を2歳児と一緒に観測しました@沖縄本島

天文現象・イベント

2020年6月21日、夏至の日の夕方に、日本列島で部分日食が見られました。残念ながら天候に恵まれず見られなかった地域も多かったようですが、私の住む沖縄本島中部地域では幸運にも観察ができましたのでご報告します。


スポンサーリンク

日食見えた?

今回の部分日食は日本全国で観られる可能性があったのですが、曇り空の地域が多かったようで、7割近い地域で見ることができなかったようです。どうやら太平洋側は難しかったみたいですね。

参考:ウェザーニュース

私の観察記録

日食前の天気

1週間前からずっと雨が降るという天気予報だったので、半分諦め気分で当日を迎えました。
ところが、起床すると晴れているではありませんか。晴れ時々曇りという予報に変わっていたのです。
これはもしかしたらチャンスがあるかも!?というわけで、撮影機材や日食グラスを準備して夕方その時間が来るのを待ちました。

観察開始


雲は少し多いものの、合間から太陽を確認できたので16時15分ごろから観察スタート!!雲に隠れたり出たりで、カメラのシャッタースピードの設定がうまくできなかったのですが、欠けてきているのわかりますか?

しかし15分ほど観察していたらだんだんと雲が厚くなって、暗くなってしまいました。観察できるのもここまでかなと、いったん部屋に入ってお茶を飲んだりしながら小休止。ツイッターを確認すると沖縄本島北部では雨が降っているという情報もあったので、こちらでも雨が降ってきちゃうのかな~と諦めの気持ちも出てきていました。

最大食

17時ごろまで雲が厚く覆っていたのですが、外が少し明るくなってきたので様子を見ると、また観察できそうだぞ!というわけで再び観察スタート!!2歳の娘も日食グラスを使って欠ける様子を見ることができたようです。

その後、17時16分に最大食79%の欠けを無事観察&撮影することができました。

そこでほっとしたのを悟ったのか、抱いていた息子がぐずり始めたので観察はここで終了となりました。

この後もしばらくは明るかったので欠けが戻る様子も観察できたかもしれませんね。

まとめ

というわけで、沖縄本島中部地域ではなんとか最大食を観察することができました。2歳の娘にも面白い経験になったかな?
次回は2023年4月20日の昼過ぎに沖縄では部分日食を見ることができそうです。娘は5歳、息子は3歳になっているので、眺めの良い場所で観察したいですね。その日が来るのが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました