2020年6月21日は貴重な部分日食☆これを逃すと次に日本で見られるのは3年後

天文現象・イベント

2020年6月21日(日)日本全国で16時ごろから18時ごろにかけて『部分日食』を観ることができます。日本で次に日食が見られるのは3年後の2023年4月20日となりますので、ぜひ今回の部分日食はお見逃しなく!

スポンサーリンク

どんな日食なのか

2020年6月21日(日)にアフリカからインド北部・中国南部・台湾を通ってグアム沖までの帯状の地域で『金環日食』が観られます。しかし日本は金環日食が見られる『金環日食帯』からは外れているため『部分日食』となります。日本全国で16時ごろから18時ごろにかけて観ることができます。
しかもこの日は夏至、一年で最も昼間の長さが長くなる日です。夏至に日食が見られるのは、1900年以降初めてのことで、2100年まで調べてみても、以降日本で夏至に見られる日食はありません。とても貴重な日食なのです。

各地での日食予報

日本全国で観測することができますが、日本列島の南側を『金環日食帯』が通るため、南西に行くほど大きく欠けた部分日食が見られます。
日本の代表的な各都市での日食の始まりの時間、最大の時間、欠ける割合、終わりの時間を調べてみました。

都市名 始まり 最大 欠ける割合 終わり
札幌 16:12 17:00 18% 17:45
仙台 16:12 17:07 28% 17:57
東京 16:11 17:10 36% 18:03
名古屋 16:08 17:10 40% 18:06
大阪 16:06 17:10 43% 18:07
福岡 15:59 17:09 52% 18:11
那覇 15:59 17:16 79% 18:23


その他の地域の詳しい予報は、国立天文台暦計算室の「日食各地予報」をご覧ください。

日食の観測方法

太陽は肉眼で観測すると失明する可能性もあり、非常に危険です。
こちらの記事で日食観察について掲載していますのでご覧いただき、安全に観察してくださいね。


また、新型コロナウイルスによる感染リスクもありますので、人が密集している場所での観察には十分気を付けてくださいね。

次に日本で見られる日食

日本で次に日食が見られるのは2023年4月20日に『部分日食』が南西諸島、九州南部、紀伊半島など日本列島の一部で観られますが、全国的に観られるのは2030年6月1日の日食(北海道で『金環日食』それ以外の地域は『部分日食』)となります。下手したら10年先まで見ることができない日食を観察できる貴重な機会ですので、ぜひ今回の部分日食は見ておくべきですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました