保育士おすすめの絵本~子どもにアウトドアやキャンプ好きになってもらいたい~

アウトドアグッズ

アウトドアやキャンプが好きなお父さんお母さんは、
やはり自分のお子さんも外あそび好きになって一緒に楽しめるようになると嬉しいですよね。
幼いころからどんどん連れ出してしまうというのもありかもしれませんが、
間違えると恐怖心を持ってしまったり、嫌いになってしまうことも・・・

興味を持ってもらうきっかけとして、絵本を活用するのはいかがでしょうか?
3歳児と0歳児の母であり、現役保育士でもある私がおすすめする、
見て触れて楽しいお買い得な宅配絵本シリーズをご紹介しますね。

スポンサーリンク

幼児には絵と仕掛けで楽しめる絵本を

まだ字を自分で読むことがままならない幼児
絵本をひとりで読むのはむずかしいものです。

もちろんお父さんお母さんが楽しそうに一緒に読んでくれたら
きっとその本が好きになると思います。

でも、さらにひとりでも読んでたのしめるようになったら、
ますます興味がふかまってくれるかも!

ひとりでも読んでたのしめる絵本としては
絵だけでも見ていてたのしい
仕掛けでわくわくする
というのがポイントになります。

そして、アウトドアに興味を持つきっかけとしては、
海や森のいきもの(動植物)に興味をもってもらうのが良いのではないでしょうか。

いきものに興味がないと、
虫を見ておびえたり
鳥の鳴き声がこわくて眠れなかったり
松ぼっくりにも触れなかったり
ということもあるようです。

そうなると外にあそびに連れ出して、
さらにキャンプするというのはハードルが高いですよね。

そこで、2~3歳からでもひとりで見て楽しめるいきものの絵本をご紹介します♪

ポスターみたいな動物絵本「アニマルズ」

A4よりも大きなサイズで
1ページずつに動物がポスターアートのように描かれています
そのままインテリアとして飾ることもできちゃうくらい、
スタイリッシュな絵本です。

動物のしぐさや表情がかわいらしいです。
色づかいがはっきりしているので、
まだ視力が安定していない乳幼児でも見やすいです。

娘が1歳半ごろにこの本が届いたのですが、
1ページずつ「これはなに?」と聞きながら見せ
「にゃんにゃん(ねこ)」「ほーほー(ふくろう)」などと
答えながら読んでいました。

3歳になった今では英語が気になっていて、
一緒に「CAT」「DOG」などと言いながら読んでいます。

「アニマルズ」の詳細はこちら

しかけが楽しい「うみのいきもの」

海にすむいきものたちを見つけていく絵本です。
左右にスライド式のしかけがあり、
ひっぱると隠れているいきものがでてきます

たこさんがでてきた!
ニモがいる!ばいば~い
といいながらひとりで楽しんで読んでいますよ

どんなところに隠れているかをしっているので
海あそびのときや水族館で実際に見て
「かくれてたねぇ!!」
とよろこんでいました。

「うみのいきもの」の詳細はこちら

左右の絵をそろえるパズルのような「もりのいきものたち」

森にいる動植物を紹介している絵本です。
かわいらしい絵で森の動物たちの生活風景が描かれていて、
ふくろうさんは木におうちを作って住んでいるんだよ
いのししさんは草の中におうちがあるんだね
などと学ぶことができます

この絵本の面白いところはほかにもあります。
左右にカードが分かれて綴じられているのですが、
そのページがバラバラになっているので、
自分で絵合わせしてパズルのような感覚でたのしめるのです。

このしかけはパズル好きな娘には気に入りポイントで
しょっちゅうこの本を引っ張り出してみています。

「もりのいきものたち」の詳細はこちら

毎月お得に絵本が届く「WORLD LIBRARY PERSONAL(ワールドライブラリーパーソナル)」

実はここまでに紹介した絵本を定価よりもお得に手に入れられるサービスがあるのです。
それが、月額1,000円(消費税・送料別)で毎月1冊家庭に海外の絵本が届く
「WORLD LIBRARY PERSONAL(ワールドライブラリーパーソナル)」です。

世界中の絵本を厳選し日本語訳に取り組んでいるワールドライブラリーが、
子どもの年齢に合った絵本をセレクトし毎月家まで届けてくれるサービスです。
2,000円近くする本でも1,000円(消費税・送料込みでも1,300円)なのですよ!?
先にご紹介した本だと、
アニマルズ 定価1,800円(税別)
うみのいきもの 定価1,800円(税別)
もりのいきものたち 定価1,300円(税別)
めちゃめちゃお得ですよね。

しかも洋書なので、英語表記もされているものも多く、
英語もいっしょに学ぶこともできちゃいます。

我が家では娘が1歳5か月のときから購入をはじめました。
動物が主役の本が多く、当時1歳の娘でもわかりやすく、
絵がかわいらしくてしかけも楽しいものばかりだったので
当時から夢中になって見ていました。

私が働いている保育園にも持って行ったりするのですが、
しかけ絵本などは0歳児の子たちでも興味を持ってみていました。
ストーリー絵本は3、4歳児もワクワクした表情でみていましたよ。
保育士の経験的にも、子どもたちが興味を持つ本であることは体感しています。

どの年齢でどんな本が届くかなど、
ワールドライブラリーのウェブサイトで確認できるので、
興味のある方はぜひ見てみてくださいね!

他にも「あおいよるのゆめ」「ほっきょくのいきもの」などの
しかけ絵本は何度見てもたのしいです。

また、毎月は必要ない、今回紹介した中で興味のある本だけ欲しいという方も、
オンラインショップから単品で購入できますので、
ウェブサイトをのぞいて見てみてくださいね。
WORLD LIBRARY(ワールドライブラリー)

コメント

タイトルとURLをコピーしました