七夕の主役たち『夏の大三角』の見つけ方

星空案内
スポンサーリンク

『夏の大三角』と聞くと理科の授業で習ったことはあるけれども、実際に見たことはないなぁ・・・なんて方いませんか?夏の大三角形は七夕とふかーい関りがあるんです。七夕には、短冊にお願い事を書いて笹につるすだけでなく、夜空を見上げて七夕の主役でもある星々を見つけてみましょう。


スポンサーリンク
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

夏の大三角とは

夏の代表的な星である『夏の大三角』は、こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブという3つの1等星を結んでできる大きな三角形のことです。

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

こと座のベガは『織姫』、わし座のアルタイルは『彦星』で、天の川に羽を休めるようにいるはくちょう座は七夕の時に懸け橋になる『カササギ』に例えられていて、七夕伝説と関りがあります。
七夕伝説については別の記事でまとめていますので、こちらをご覧くださいね。

見える時期や方角は

時期

夏の大三角が見やすい時期は7月上旬から9月上旬です。
実は七夕に見ようとすると、ベストの時期ではないんですよ。その時期には、東の空の高めの位置に夏の大三角はあります。頭をグイっとあげて探してみてくださいね。

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

時間

見えやすい時間は20時から22時ごろになります。

方角

方角は見る時期によって変わってきます。6月から7月ごろであれば東の空で見つけられます。8月から9月ごろになると南東から南西の方にあります。いずれの時期でも高い位置で観られます。

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

上の画像は2020年8月15日21時の関東地方の空の様子です。
夏の大三角は南東の高い位置で観られます。

夏の大三角の見つけ方

まずは、大三角の中でも一番明るい星である「ベガ」から見つけてみましょう。

ベガの見つけ方

東の空で最も明るく純白に輝く星が「ベガ」です。

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

右下に平行四辺形に並んでいる星と合わせてこと座になります。

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

アルタイルの見つけ方

ベガの次に見るけるのはわし座の「アルタイル」です。
こと座のベガから平行四辺形の方向に目線をずーっと先に移していくと明るい星が見えてきます。これが「アルタイル」です。

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

デネブの見つけ方

「デネブ」はベガとアルタイルの間に流れる天の川にある明るい星です。
白鳥が羽を広げて飛んでいるような十字の形に並んだ星がありますので、その中でもっとも明るい星が「デネブ」です。

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

「デネブ」はアラビア語のめんどりの尾という意味の言葉から由来しているんですよ。

余談ですが、はくちょう座には私の大好きな美しい二重星の「アルビレオ」があります。
赤と青の二重星で宝石のトパーズとサファイアに例えられるくらいの輝きなのです。
天体望遠鏡を持っていたらぜひ見てもらいたい星です。

画像提供:国立天文台

指でなぞってみよう

3つの星が見つけられたらベガ→アルタイル→デネブと指でなぞって三角形を描いてみましょう!
さて、ここで練習です!
何も目印のない、こちらの画像を見てみましょう。

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

夏の大三角見つけられましたか?

まとめ

これで夏の大三角を見つけられるようになったはず?実際の星空でも夏の大三角探してみてくださいね!
お子さんと一緒に、あれが織姫かな?こっちが彦星かな?とお話しながら探すと七夕がさらに楽しくなるはずですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました