織姫と彦星が年に一度再会するロマンティックな日!?意外と知らない七夕の由来や伝説について

星空案内
スポンサーリンク

7月7日は七夕(たなばた)です。七夕といえば、願いを書いた短冊を笹に飾る行事で、織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が1年に1度だけ天の川を渡って会える日というのは知っている人が多いのではないでしょうか。
では、なぜ願い事をするのか?なぜ笹に飾るのか?なぜ織姫と彦星は年に一度しか会えないのか?なぜ『七夕』と書いて『たなばた』と読むのか?意外と知らない七夕の由来や伝説について解説していきます。知っておくと恋人やお子さんとの話題にできて、七夕がちょっぴり楽しみになるかも?


スポンサーリンク
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

なぜ織姫と彦星は年に一度しか会えないのか?


私たちがよく知っている七夕の織姫と彦星のお話は中国発祥の伝説がルーツとなっています。

七夕伝説

七夕伝説は国や地域によって様々なバージョンがありますが、一般的に伝わっているのは織女牽牛伝説(しょくじょけんぎゅうでんせつ)という話です。

天空でいちばんえらい神様「天帝(てんてい)」には、「織女(しょくじょ)」という娘がいました。織女は神様たちの着物の布を織る仕事をしており、天の川のほとりで毎日熱心に機(はた)を織っていました。遊びもせず、恋人もいない織女をかわいそうに思った天帝は、天の川の対岸で牛を飼っているまじめな青年「牽牛(けんぎゅう)」を織女に引き合わせ、やがて二人は結婚しました。
結婚してからというもの、二人は毎日遊んで暮らしていました。織女が機を織らなくなったので、神様たちの着物はすりきれてぼろぼろになり、牽牛が牛の世話をしなくなったので、牛はやせ細り、病気になってしまいました。
これに怒った天帝は、二人を天の川の両岸に引き離してしまいました。しかし、二人は悲しみのあまり毎日泣き暮らし、仕事になりません。かわいそうに思った天帝は、二人が毎日まじめに働くなら、年に1度、7月7日の夜に会わせてやると約束しました。

参考:国立天文台「七夕について教えて」

この伝説から、織姫と彦星が年に1度会える日という話が広く知られるようになったのです。ちなみに天の川を渡るときには天帝の命を受けたカササギの翼にのってわたって会いに行くのだそうですよ。
織姫と彦星は恋人ではなく夫婦で、しかも怠けて神様に怒られてしまい罰として会う機会が年に1度になってしまったのです。実はロマンチックな話ではなかったんですねぇ。

なぜ願い事をするのか?なぜ笹に飾るのか?


七夕には願い事を書いた短冊を笹に吊るしますよね。実はこれは日本だけの風習なのです。この風習は、元を辿ると中国の「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が由来と言われています。

奈良時代に中国から日本へ

中国の行事の七夕の節句(旧暦7月7日)の夜、女性達が織姫にあやかり機織りなどの技芸の上達を願う祭である「乞巧奠(きっこうでん)」が、奈良時代に遣唐使などによって日本にもたらされ、「七夕(しちせき)」として宮中に取り入れられたそうです。
万葉集でも七夕について読まれた句が複数あり、代表的なものをご紹介しますね。
「牽牛の妻迎へ船こぎ出らし天の河原に霜の立てるは」(山上憶良)
「織女の袖つぐ三更の五更は河瀬の鶴は鳴かずともよし」(湯原王)

江戸時代に民間に広がる

江戸時代には、「七夕(しちせき)の節句」として五節句の一つに数えられ幕府の公式行事となりました。そのため庶民の間にも広まっていったのです。この頃には書道学問の上達を願う行事となり、神様が降り立つ目印として、家の屋根の上に笹竹を立てて飾りをつけるようになったそうです。

なぜ『七夕』と書いて『たなばた』と読むのか?

では、「しちせき」が「たなばた」と呼ばれるようになったのはなぜでしょうか。日本の棚機津女(たなばたつめ)の信仰が有力な説とされています。

棚機津女(たなばたつめ)

「棚機(たなばた)」とは棚(横板)の付いた織機です。「棚機津女」という乙女が水辺の機屋に一晩こもって、神様に捧げる織物を織ったという伝承になります。
このお話が中国の織姫と結びついて、七夕と書いて「たなばた」と読むようになったとされています。

夏の大三角形と七夕

画像提供:4D2Uプロジェクト国立天文台

日本では織女のことを「織姫(おりひめ)」、牽牛のことを「彦星(ひこぼし)」と呼んでいます。織姫はこと座の1等星である「ベガ」で、彦星はわし座の1等星「アルタイル」です。夏の夜空では2つの星の間に天の川が横ぎる様子を観ることができます。ちなみに、織姫「ベガ」と彦星「アルタイル」に二人をとりもつカササギである白鳥座の「デネブ」は夏の大三角を形成する星です。
夏の大三角形の見つけ方はこちらの記事でご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました