2歳児とのキャンプデビュー!GO OUT CAMP RYUKYUに行ってきた【事前準備&1日目】

キャンプレポ

家族でキャンプデビューしたいけれど、幼い子どもを連れていくには不安だなと感じていませんか。
そんな方はイベントやフェスでデビューするのがオススメですよ♪飲食ブースがある!アクティビティやワークショップがある!怪我や体調を崩したら救護ブースもある!これは安心だ~
というわけで、このブログでは実際に2歳の娘を連れて2019年11月にGO OUT CAMP RYUKYUでファミリーキャンプデビューした体験談を掲載します。参考になると嬉しいです。


スポンサーリンク

GO OUT CAMP RYUKYUって?

ファッション・アウトドア・ライフスタイルを提案している雑誌「GO OUT」が主催するキャンプイベント。
沖縄では恩納村の県民の森にて2019年で3回目の開催となります。
公式サイト:GO OUT CAMP RYUKYU

事前準備

荷物の準備

キャンプ歴の長いむっちゃんですが、実は自分のテントは持っていなかったのです。
なので、チケット予約と同時に手配したのがテント⛺
いろんなサイトをめぐって口コミやレビューを読みあさり、これと決めたのがキャプテンスタッグのツールームテントでした。

  • ゆったり眠れる広さがあること
  • 食事スペースになる広い前室があること
  • 設営が簡単そうなこと
  • なによりコスパが良いこと

これで、あとはすでに持っている装備をまとめるだけ。
【今回のキャンプの主な荷物】

  • テント
  • キャリーカート
  • キャンプチェア×3
  • シュラフ×2
  • お昼寝マット
  • ブランケット
  • 銀マット
  • ヨガマット
  • レジャーシート
  • クーラーボックス
  • ミニアウトドアテーブル
  • バーベキューコンロ
  • バーナー
  • クッカー
  • 食器
  • ランタン
  • 着替え
  • 消耗品

かなり少ないですよね?
私の愛車スズキハスラーさんに載せられて、家族三人で移動するとなるとこれくらいが妥当です(^_^;)

食材調達

当日の朝、近所のユニオンで食材調達しました。
なぜユニオンかって?そりゃあもう、24時間いつでも開いてますから!(笑)←沖縄好きならわかってくれるハズ
今回は飲食ブースがあるのでがっつりは購入せず、軽めの晩ごはんと朝ごはんの食材を購入しましたよ。

GO OUT CAMP RYUKYUへ!

設営

到着したら、設営するサイトを決めて荷物を移動。
早速設営開始!!
初めて使ったテントでしたが、それほど難しくなく、夫婦で(途中娘が手伝いたがって手を止められながらも)20分程度でたてられました。

腹ごしらえ(ランチタイム)

テントサイトからイベント会場に移動。
ランチは現地調達
Captain kangarooさんのハンバーガー🍔
いただきまーす☆

アクティビティ

初めてのハンモック♪
娘ははじめちょっぴり怖がっていましたが、慣れるとブランコのような感覚を楽しんでいました。

娘が自分からやりたがったのは『ちきゅうすくい』
すくうことはできなかったのですが、失敗しても1個はいただけました。

ステージ

むぎ(猫)さんのステージを観ました。
猫好きの娘がもっと食いつくかなーと思ったのですが、歌う猫さんには反応いまいちでした(;^_^A

恩納村青年団のエイサーの方が、喜んでいました。

晩ごはん

鮭のちゃんちゃん焼き風のアルミ焼きを作りました。
野菜もたくさん食べられるのでお気に入りのメニューの一つです。

焚き火

娘は初キャンプファイヤー!!
バチバチと燃え盛る火に驚きつつもじーっと見つめていましたよ。
こちらでいただいたチャイティーは体が温まって癒されました~

あそび疲れて20時過ぎには就寝した娘なのでした。
2日目に続く・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました