オーロラが観たい!!アラサーOLがイエローナイフへひとり旅した話【イエローナイフ観光編】

旅行記

2013年2月にイエローナイフにオーロラ鑑賞旅行した際の旅行記です。
今回はオーロラを鑑賞していない日中の過ごしかたのご案内です。
イエローナイフの観光やアクティビティについてご紹介します。
まだ読まれていない方はオーロラビレッジ編からご覧くださいね。


スポンサーリンク

イエローナイフでの日中の過ごしかた

オーロラツアーは当然夜間に行われます。
それに備えて日中は休んでおくというのももちろん良いのですが、はるばる来たのだから何かしたい!という気持ちにもなりますよね。
イエローナイフにはさまざまな観光地やアクティビティがあるんですよ。
私が体験した観光やアクティビティ情報をお届けします!

観光

アイスロード

冬場はマイナス20度以下にもなるイエローナイフ。

私の滞在中にも-20℃になっていました!
広さは四国の1.5倍あり、最大水深が東京スカイツリー(634m)とほぼ同じの625mもあるグレートスレーブ湖も凍らせてしまいます。
車が通れてしまうくらいの広大な道になってしまうんですよ。

観光案内所「ノーザンフロンティアビジターセンター」

観光案内所の2階では北緯60度の到達証明書を発行してもらえるんです。
イエローナイフに来た記念にぜひもらってみてくださいね。

観光案内所ではなく空港で撮影した写真です(;^_^A

博物館「プリンス オブ ウェールズ ノーザン ヘリテージ センター」

無料の博物館なのですがとても広くて、先住民の生活の様子やリアルな剥製が展示されています。
先住民の服を着てなりきってみたり


リアルな風景を切り取った剥製を、さも生きている動物を見たかのように撮影してみたり



などなど楽しめる博物館ですよ。

街中散策

イエローナイフのダウンタウンは小さな町ですので歩いて散策することもできます。
かわいらしい建物でインスタ映えを狙ってみたり

街中さまざまな場所に描かれている壁画を楽しんだり


スーパーでカラフルなケーキを物色してみたり


思い思いに散策してみるのも楽しいですよ。
お土産屋さんの前にはイヌクシュクという先住民族が道しるべとして石を積み上げてできたオブジェもあります。

アクティビティ

オーロラ鑑賞施設であるオーロラビレッジでは、たくさんのアクティビティが体験できます。
私が体験したアクティビティをご紹介しますね。

犬ぞり

オーロラビレッジでも人気のアトラクションである犬ぞり体験。
通常は15分程度の操縦体験のようだったのですが、このときは私ともう一人の女性の2名だけだったこともあり、約30分間ほど操縦とソリに乗るのを交代で楽しみました。

森の中や湖の上を走るのですが、直線のスピードは想像以上に速く、カーブはジェットコースターよりもスリリングでした。
しかも途中で犬が止まっちゃったりというハプニングもあって、たっぷり写真撮影会もさせてもらいましたよ。

犬たちは人懐っこくて可愛かったです♪

すべり台

滑り台は自由にあそぶことができます。
年甲斐もなく何度も滑ってしまいました。

焚き火

スタッフさんが焚火を用意してくれていて、マシュマロを自分で焼いて食べることができました。
体も心もあったまりましたよ。

まとめ

イエローナイフは小さくて穏やかな街なので、女性一人で出歩いてもまったく危険を感じずに散策できました。
観光客も多いので、私のようなアジア人が一人でいても、嫌そうに対応されることもありません。
そして、オーロラビレッジ編でも書いた通り、日本人スタッフや観光客もたくさんいました。
なかなかイエローナイフという遠方の小さな町まで一緒に同行してくれる人が見つからないと困っていたら、いっそのことひとりで行ってみちゃってください!
新たな境地が開けるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました